与信審査は不動産を担保にしたローンなら大丈夫?

過去にトラブルがあり与信審査が心配。不動産を担保にしたローンなら大丈夫?

こだわりの不動産担保ローンについてのメインimg

与信審査は不動産を担保にしたローンなら大丈夫?

不動産を担保にしたローンは、融資する側のリスクが極めて小さいですから、担保物件さえしっかりしていれば大丈夫です。

融資に関するポイントをお話ししましょう。

■担保物件がある場合は必要書類も少ない。

一般的に銀行などが行っている与信審査とは申込時の審査だけでなく、返済能力があるかどうか、収入が安定しているか、返済を長くつづけていくだけの原資はどこにあるのかをチェックします。

無担保ローンなどは、返済原資となる担保がないので、いろいろと細かくチェックされ、融資に先立つ必要書類なども細かく指定されます。

しかし担保物件となる不動産がもともとある融資ですから、銀行としてはこれほど安心できるお客さんはいません。

つまりイザとなれば担保を没収して売却すれば貸出金は取り戻せるので、その分審査が緩くなっているのは事実です。

■トラブルの内容によってはNGになる場合も。

審査が緩くなっているとはいえ、貸す方も借りる方も最初から担保である不動産を没収したり差し出したりすることを臨んだりはしないはずです。

質問者が言うところの「金融機関の過去のトラブル」がどの程度のものかにもよりますが、債務不履行がつづいてブラックリストに載っていないレベルであれば大丈夫です。

現在では金融機関の取引に関する顧客情報はオープンになっており、全金融機関で共有されています。

トラブルの内容によっては、不動産を担保にしたローンでもNGになる可能性もあります。

■与信審査は、銀行とノンバンクで審査のハードルが異なります。

金利の安い銀行がダメならノンバンクを当たりましょう。

過去にトラブルがあったとはいえ、不動産を担保にしたローンですからそれほど心配する必要はありません。

銀行よりもノンバンクのほうが審査基準が緩いので、双方に申し込んでみるのもいいと思います。

Copyright www.yatyoh-goyomi.com.All Rights Reserved.

当サイト(こだわりの不動産担保ローンについて)の記事・画像などの無断転用を禁止します。