不動産を担保にしたローンを借りるなら?

不動産を担保にしたローンで銀行とノンバンクでは何が違うのか、与信をキーワードに双方の金利の違いなどを記述します。

こだわりの不動産担保ローンについてのメインimg

不動産を担保にしたローンを借りるなら?

不動産を担保にしたローンは、銀行やノンバンクなど多くの機関が商品化しています。

そもそも銀行とそうでない機関とでは何が違うのかお話ししてみましょう。

■ノンバンクは与信業務が主体。

不動産を担保にしたローンでも無担保ローンでも、利用者にとってみれば同じお金です。

同様にノンバンクから融資を受けても銀行から融資を受けても、同じお金のように見えます。

しかしノンバンク関係省庁に届け出さえだせばスタートできるのもので、俗にノンバンクや消費者金融という組織です。

銀行業務取とは違って、こうした機関は与信審査が主体です。

利用者の信用度をチェックしているだけで、実際に融資資金を貸している原資は銀行です。

悪い言い方をすれば「銀行のフロント企業」です。

■銀行よりも高い金利設定になっている。

ノンバンクは利用客の与信が終わると、銀行から融資を受けているお金を貸し出し融資を実行します。

不動産を担保にしたローンも、ノンバンクが雇った不動産査定の専門家が査定をして融資の可否を決めています。

ノンバンクは銀行からのお金を貸して金利で稼ぐのが業務のすべてなので、とくに不動産を担保にしたローンなどは審査がゆるく、簡単に融資が実行されます。

ただし貸出金利には銀行に対する金利も入っているので、銀行から融資を受けるよりは高い設定になっているという違いがあります。

■銀行では不良債権を抱えてしまうのをいちばん嫌います。

取引先の上顧客だけを相手にしています。

銀行は債務不履行に陥る心配のない上顧客を相手にし、ノンバンクは一元客を引き受けるといった構図になっています。

そうすれば同じ不動産を担保にしたローンでも、銀行はコゲツキというリスクから逃れられるからです。

一元客の与信を実質的な子会社であるノンバンクにやらせておけば、銀行は効率よくローリスクで資金を貸し出せます。

Copyright www.yatyoh-goyomi.com.All Rights Reserved.

当サイト(こだわりの不動産担保ローンについて)の記事・画像などの無断転用を禁止します。