2017
12.01

バイクの買取依頼に際して、本人が未成年であったりローンの残債があったりしたら、委任状やローン完済・継続のための手続き、必要書類を準備する必要があります。

簡単に説明していきましょう。

バイクを買取に出そうとしても、所有者が自分ではない場合や未成年であった場合は、「委任状」を提出する必要があります。

またそのバイクのローンが残っている場合には、バイクの所有者としてローン会社の名義が使用されていることがあります。

名義変更のための手続きをするのに、必要書類を揃える必要があります。

自分のバイクがどのような状態にあるのかをまず確認しましょう。

とくにバイクのローンが残っている場合は、それを現金で完済する必要があります。

または借り換えローンを利用するなどして残債を次のバイクに引き継ぐ必要があります。

バイク買取店で必要書類は揃えてもらえますが、これまでに遅延が何回もあったりすると、新たなローンが組めなくなる可能性もあるので注意しましょう。

必要書類は買取に出す本人が、“何をどうするか”によって違ってきます。

ひとまず、バイクを買取に出す前に買取に出そうとしているバイクの名義人をチェックしてみましょう。

名義人が自分と異なれば名義変更の手続きが、未成年なら委任状が必須になります。

ローンの支払いが完了していれば買取に問題はありませんが、支払い途中であった場合にはそのための必要書類と手続き、審査などが増えます。

必要な手続きや書類を事前に確認しておくと買取もスムーズにいきます。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.